美バストメイクブラとして、SNS等で話題の「ハグミー」。
でも、ブラジャーって、物によっては型崩れしやすかったり、洗い方が面倒だったりするんですよね。

 

私も、「下着は毎日取り替えるものだし、管理が大変なのは嫌だな…。」「せっかく購入しても、耐久性がないのは困るし…。」なんて思って、購入を迷っていました。

 

そこで私は、これらの疑問を解決するために、「ハグミー」について調査をしてみました。

 

・ハグミーの基本的な洗濯方法
・ハグミーを長持ちさせる洗い方
・ハグミーを長く使うための秘訣

 

今回は、この3点をご紹介したいと思います。

 

ハグミーの基本的な洗濯方法

下着の洗濯は毎日の事なので、手軽にできる方法が一番ですよね。
私の希望としては、「できることなら、洗濯機で洗いたい!」です。
でも、一般的にブラジャーって、手洗いが基本だし…。なんて思っていました。

 

ところが、なんとハグミーの公式サイトによると、ハグミーは洗濯機でも洗えるそうなんです!これは、とてもうれしい情報ですよね。

 

さらに、洗濯機に入れる前に、ハグミーを半分に折り畳み、洗濯ネットやランジェリーネットに入れるのを忘れないようにして下さい。
こうすることによって、ハグミーの型崩れを防ぐことができ、より長く使うことができます。
洗濯機に、ランジェリーコースや手洗いモードが付いていれば、それを利用しましょう。

 

そして、干す時は、直射日光が当たらない、風通しの良い場所に干して下さい。理由は、直射日光が当たることによって、生地が変質や変色してしまうので、これらのダメージを防ぐためです。

 

ちなみに私は、下着は家の中で干すようにしています。家の中で干せば、直射日光は当たらないですし、防犯にもなるのでおすすめです。

 

ハグミーを長持ちさせる洗い方

ハグミーをもっと長持ちさせたいのなら、「手洗い」がおすすめです。
適当な容器を用意して、洗剤と水またはぬるま湯を注ぎ、ハグミーをそっとふり洗いします。
汚れが気になる部分は、つかみ洗いをし、ハグミー全体の汚れを落とします。

 

下着は、特に肌が当たっている面が汚れやすいので、そういった部分は、特に念入りに洗うと良いでしょう。そして汚れが落ちたら、水が透明になるまでしっかりとすすぎます。この時に、洗剤が残っていると、生地が傷んだり、変色の恐れがあるため、丁寧にすすいで下さい。

 

最後に、大きめのタオルで、ハグミー全体の水分を良く吸収させます。
力強く絞ったりせずに、優しく扱うのがコツです。

 

干す時は、先ほどと同じく、直射日光が当たらない、風通しの良い場所に干して下さい。
干し方は、着用時に近い状態に形を整えて、カップの下2か所を洗濯ばさみではさみましょう。肩紐部分は伸びてしまいやすいので、肩紐を洗濯ばさみではさむのは止めましょう。

 

また、ハグミーを長持ちさせるには、洗剤選びも重要です。
ランジェリー専用の洗剤やおしゃれ着用の洗剤、または、中性洗剤を使用することをおすすめします。

 

※注意点ですが、ハグミーに使われている素材は、ポリウレタン25%、ナイロン75%です。このような素材は、乾きやすく肌触りも良いのですが、高温度に弱いため乾燥機は使わないようにして下さい。

 

着回した方が長持ちする

ハグミーは、毎日身に着けるものなので、1枚を洗って使い続けるのは、当然ながら消耗が早くなってしまいます。
気に入って使用しているのに、早くダメになってしまうと悲しいですよね。

 

また、型崩れが起きてしまったハグミーを着けていても、せっかくの効果が低減してしまいます。そうならないためには、複数枚をローテーションで使うことをおすすめします。交代で使うことにより、1枚をずっと使い続けるよりも、消耗が少なく済みます。

 

また、複数枚あれば、洗い替えも気軽にできるので、清潔に保てます。
ハグミーは、同時に3枚以上の購入をすることで、1枚当たりの価格が安くなるようです。複数枚の購入を考えている方には、とても嬉しいシステムですね。